「冠」のしきたり プロトコール

「冠」のしきたりとして④七五三のお祝い

更新日:

  • こんにちは。リリーです。

当サイトへご訪問有難うございます。

七五三のお祝いとして、由来・衣装・しきたりを書きました。

七五三の由来

 

 

 

 

 

七五三は、子どもの健やかな成長を祈る古来からのいくつかのしきたりが融合したものです。

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳の、11月15日に氏神様に参詣します。

昔は数え年で行うのが一般的でしたが、最近は満年齢で行うことも多く。

また、参詣の日も、その前後の休日が多いようです。

三歳の祝いの由来は、それまで切ったり剃ったりしていた髪を伸ばして結い直す「髪置きの儀」と言われています。

五歳は、初めて袴をつける「袴着の儀」が、

七歳はそれまでつけていた着物の紐をはずして、初めて本式の帯を締める「帯解きの儀」に由来すると言われます。

昔は子どもの死亡率が高かったため、七歳までは神の子を授かっていると考え、

節目の年齢を無事に迎えられたことを喜ぶとともに、健やかな成長を願う儀式だったのです。

七五三が11月15日に決められたのは江戸時代になってからで、このひは陰陽道において鬼がいないとされ、

神社に参拝する吉日だからとか、徳川五代将軍綱吉がこの日に「袴着の儀」をしたから、などと言われています。



七五三の衣装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔ながらの七五三の衣装は、三歳はお宮参りの祝い着に、男児は袖なしの羽織、女児は袖なし衿つきの被布(ひふ)を着て髪飾りをつけます。

五歳の男児は、紋付羽織に仙台平の袴、白足袋、白い鼻緒の雪駄(せつた)、白い扇子に守り刀につけます。

七歳の女児は、本裁ちにした友禅の着物にかかえ帯、しごきをして筥迫(はこせこ)を胸に、帯の間に扇子、ぽっくりか草履、手には袋物を持ちます。

お祝いのしきたり

本来は氏神様に詣でるべきですが、有名な神社などに参拝して問題はありません。

お祓いを受け、祝詞をあげてもらう時、事前に社務所に申込み、

「初穂料はつほりょう」「未玉串料」などと表書きしたお礼を祝儀袋に包みます。

参拝だけで済ませる場合は、普通の参拝と同じく、ニ礼二拍手一礼でお参りします。

神社への参拝が済んだら、お祝いをいただいたお宅にお礼に伺うのが昔からの習わしでしたが、

現在は祖父母など親しい人を招いて会食をし、それをお返しの代わりとすることが多いようです。

また、赤飯や千歳飴を内祝として近所に配る習慣のある地方もあります。

遠方の人へは、七五三の時に撮影した写真などをそえ、

11月中に子どもの名前で「内祝」の品物を贈ります。

七五三は内々の祝い事なので本来は親戚などが中心ですが、親しい友人などの子どもで、

どうしてもお祝いがしたい場合は、相手に負担を感じさせない程度の簡単な贈り物にする方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

七五三は、子どもの健やかな成長を祈る古来からのいくつかのしきたりが融合したものです。

昨今は洋装で神社に参拝するケースも多く、特に決まりがあるわけではありませんが、

晴れの日を迎えるにふさわしい「晴れ着」で祝いたいものです。

昔ながらの七五三の衣装で祝い、両親もも正装し、格のバランスをとってみるのはいかがでしょうか?

次回は「冠」のしきたりの入園・入学祝いを書きます。

 



-「冠」のしきたり, プロトコール
-

Copyright© 旅と幸せを引き寄せるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.