ヘルス&ビューティー ライフスタイル

夏には気をつけたい紫外線!!肌老化を招きます。

更新日:

こんにちは。リリーです。

当サイトへ、ご訪問有難うございます。

これからの時期には、特に紫外線には気をつけたいものですね!

夏の紫外線を浴びると黒くなる人、ならない人、違いは何でしょう?

これから、「紫外線」のことについて書きました。

知っておきたい紫外線の基本

紫外線は波長の長さの違いによってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられ、実際に地上に届くのはUV-AとUV-Bの2種類です。

UV-Bは、波長が短く、表皮にダメージを与え、肌が赤く炎症を起こしたり、シミの原因になったりします。

一方、UV-Aは波長が長く、窓ガラスも透過し、屋内にいても肌に到達します。

肌の奥の真皮層まで届くUV-Aは、肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを破壊して、たるみやシワの原因に。

細胞のDNAに損傷を与え肌の老化を早めます。

紫外線ダメージは、毎日積み重なって、3年後、5年後まで影響を与え続けます。

「後悔先に立たず」とならないように紫外線対策は万全にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

肌老化を招く原因の8割は紫外線です!

肌老化の原因は、主に加齢と光老化だと言われています。

光老化とは、紫外線によるダメージが蓄積し、将来的にシワやたるみ、シミなどを引き起こす老化現象のこと。

肌老化の8割を光老化が占めるともいわれ、少量であったとしても紫外線は、確実に肌の老化を進めます。

紫外線を浴びた皮膚の内部では、酸化ストレスが生じ、この酸化ストレスが、皮膚の細胞を傷つけたり、コラーゲン生成にダメージを与えたりします。

また、肌を守るための防御反応でメラノサイトが活性化すると、メラニンが作られ肌が黒くなります。

このときメラニンの異常活性が起こるとシミの原因になるのです。

 

 

 

 

 

 



紫外線で肌が黒くなる人、ならない人の違いは?

紫外線を浴びると肌が黒くなる人と、肌を守るための防御反応が働き、

メラノサイトが正常に活性化して、均一に、メラニン量が増え、全体的に肌が黒くなります。

一方で肌が黒くならない人は、紫外線に対する防御能力が弱く、紫外線のダメージをより受けやすい傾向にあります。

これは、生まれ持ったメラニンの種類の大きさ、量などによって、遺伝的に決まっており、一人ひとり違います。

とはいえ、どちらのタイプの人も、光老化による肌の衰えは、紫外線を浴びた量に影響されます。

将来的な肌の美しさのためには、出来るだけ紫外線ダメージを防ぐ必要があることに変わりはありません。

 

 

 

 

 

 

浴びてしまった紫外線をなかったことにはできない

 

肌老化の観点からは、日頃から紫外線を浴びないに越したことはありません。

レジャーなどでは屋外にでるときは、日焼け止めを塗るのはもちろん、帽子や手袋、サングラス、日傘などのアイテムを活用しましょう。

また、乾燥した肌は、外的刺激から肌を守るためにバリア機能が低かなってあり、紫外線の影響を受けやすくなります。

保湿重視のスキンケアを心がけて下さい。

できる限りの対策をし、どおしても浴びてしまった紫外線については、そのダメージを最小限に食い止めましょう。

ポイントはできるだけ早く応急処置をすることです。

紫外線を浴びて黒くなる人もならない人も、浴びた直後にするべきことは同じです。

10年後の肌のためにしっかりケアしてあげましょう。

 

 

 

 

 



まとめ

 

 

 

 

 

 

夏の強烈な紫外線を浴びると、肌は確実にダメージを受けます。

浴びた直後から将来的な影響まで、紫外線が肌にもたらすダメージをきちんと知って、対策を致しましょう。

肌老化を招く原因の8割は紫外線だそうです。

年齢を重ねるにつれ、そのままの素肌で表に出るのって難しいですね!

「素肌美人」

「すっぴん力」

スキンケアに加えて内側からのケアとして、サプリや、デトックス効果のある漢方、

チューブのビタミンC、コラーゲンや飲む日焼け止めなどを使っている人もいらっしゃいます。

紫外線を浴びたら

その日のケアとして、まず、肌をクールダウンしましょう。

最後まで読んで頂き有難うございます。





-ヘルス&ビューティー, ライフスタイル
-, ,

Copyright© 旅と幸せを引き寄せるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.