Call: 0123456789 | Email: info@example.com

皇居で天皇「即位礼正殿の儀」、祝宴 「饗宴の儀」が行われました。


こんにちは。リリーです。

当サイトへご訪問有難うございます。

おめでとうございます!

10月22日に宮殿で天皇 「即位礼正殿の儀」・祝宴 「饗宴の儀」が行われました。

晴れやかに 巌かに 奇跡が!

 

 

 

 

 

陛下は玉座「高御座 たかみくら」にたち、

「国民の幸せと世界平和を常に願い、

国民に寄り添いなががら、

憲法にのっとり、

日本国および日本国民の統合の象徴としての

つとめを果たすことを誓います」

と述べられました。

正殿の儀は、「松の間」で行われ、

古式装束「黄櫨染袍 こうろせんほう」を着た陛下が、

天孫降臨神話に由来する高御座に上り、

皇位のしるしとされる「三種の神器」のうち剣と璽 じ (勾玉)が、

国の印の「国璽 こくじ」と天皇の印の「御璽 ぎょじ」と共に

高御座に置かれました。

 

皇后さまは十二単姿で隣の「御帳台 みちょうだい」に立ちました。

海外から191カ国・機関などの代表らが参列されました。

儀式が終わったら、

綺麗な虹が奇跡のように顔を出してくれました。

 

 

 

 

 

祝賀パレードが11月 10日に!

祝賀パレードは11月10日に変更になりました。

雨も上がりましたが、

祝賀御列 おんれつ の儀」は 変更になり、

その後の饗宴の儀では、

両陛下が正殿の儀に参列した外国賓客を迎え、

飲食を共にされました。(25、29、31日も開かれる)

 

 

 

 

 

華やかな女性皇族

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22日の朝には、一連の儀式でもあります、

伝統のローブモンタントドレスから3時間後には女性皇族の方は、

十二単を身に纏い、眞子さま、佳子さまも初お披露目となりました。

やはり、十二単は女性は憧れてしまいますね。

ローブ・モンタントとは、

↑  :  Wikipediaより

十二単とは、

↑  :   Wikipediaより

4日間の「饗宴の儀」

両陛下とも、即位式、宴会と終え、4日間の「饗宴の儀」お疲れ様でした。

饗宴の儀とは、

4日間の日程でした。

饗宴の儀

☝ : 官邸より

退位を巡る経過とこれからの予定も来年4月まで続きますが、

新しい時代、令和の時代がグローバルで輝かしい時代になりますように。

まとめ

「十二単」

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に憧れ、十二単は、これから、七五三の時期にもなりますので、親心としても、着せてみたい衣装になりますね。

また、結婚披露宴にも着たい人が増えたようです!

日本の文化、素敵ですね!

私も一度は着てみたいと思います。

 

また、千年以上前、

「染色のレシピ」 全部で38色分。

それぞれに必要な染料(植物)、媒染剤、燃料の分量が記される。

「素材-綾一疋。

染料-櫨(.はせ)十四斤、蘇芳(すおう)十一斤。

媒染-酢二升、灰三斛(こく)。

燃料-薪八荷(か)」

このレシピで出される色が黄櫓(こうろ)。

22日の「即位礼正殿の儀」て天皇陛下が身を包んだ古式装束、

黄櫓染枹(こうほぜんのほう)」の色彩です。

天皇のみが着用することのできる色ということです。

レシピは平安時代の法令集「延喜式」巻14、縫殿寮の中の雑染用度という項目に見られる。

染めに携わる人が、千年前に目にした人も神秘的に感じられたようてす。

10種類の植物で38色出せるとのことです。

 

和の色

参考までに 「伝統色のいろはより」

 

染色も素敵ですね!

 

古代の色彩にも興味を持ちます。

 

また参考までに!

「高御座」の展示のおしらせです。

12/22〜25まで国立博物館にて

 

 

最後まで読んで頂き有難うございます。







Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031