「祭」のしきたり お役立ち情報 雑記

令和の新しい時代こそ門松を飾る意味について

更新日:

こんにちは。リリーです。

当サイトへご訪問有難うございます。

新年に向けて飾られる門松の意味についてまとめてみました。

「門松」について: Wikipediaより

門松とは

 

 

 

 

 

 

 

 

正月に家の門の前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのことを言います。

松飾り・飾り松・立て松とも言います。

新年の季語にもなります。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたところから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代

と言う意味合いがあります。

「松は千歳を契り、竹は万代を契る」と言われ、松と竹での神依り代の永遠を願う。

お正月に神様が訪れるための目印とされている「門松」です。

皆様が一年を健康に過ごし、そして運気が向上できるようにと願いを込めて作ります。

新しい時代、令和は、先の見えない時代、日本の文化の原点に戻って、

より運気を上げるためにも

紙の門松ではなく、厳かな日本人の文化「門松」でお正月を迎えたいものです。

設置の時期は

地域より異なりますが、早いところで12月20日頃から飾り始めますが、

一般的には、

①12/20~12/28日

②12/30日となります。

 

12月29日に飾るのは「二重苦」、9の末日なので「苦待つ」に通じ、

12月31日に飾るのは「1日飾り」と言って神をおろそかにするということから敬遠されるようです。

 

また、門松を片付けるのは、

「松の内」と呼ばれる1/7までで、1月6日の夕方片付ける地域が多いのですが、

地域により1月15日の固執月まで飾ることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2本(1対)で飾りますか?

門松は、一般的には1対(2本)を玄関に飾るのが主流になっておりますが、

江戸時代以前には庭に1本だけ松を立て、

その庭に神様が降りてくるときの目印としたものだったと言われています。

ですから、必ず1対でなければならないという事はありません。

 

最近はインテリア門松と言う門松を利用する方もいらっしゃって、

3本の竹を1本にし、竹の代わりに「紙管」に色鮮やかな「ちりめん」が張られたりします。

また、室内の玄関や床の間などに飾ることが出来る、

ミニ門松など、げた箱の上やテーブルなどに飾って日本の正月気分を堪能される方もあります。

 

毎年この門松を利用するために、保管する家庭もあります。

そのためには、

造花門松、人工を利用する家庭もあります。(再利用)

利点として「管理が簡単」、女性でも動かすことが出来、

「毎年飾って頂く」ことも出来、環境にも優しい門松などもあります。

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

・本格的なお正月を堪能するための生門松

・次世代の門松ハイブリッド門松

・毎年使えてリーズナブルの造花門松

・スペースを選ばないミニタイプのちりめん門松

 

最近の家庭は核家族化になり、旅行に出掛けたり、家でお正月を祝わない家庭もありますので、

正月行事も簡略化の傾向にあります。

 

季節感を大切にする日本特有のものとして、やはり後世に伝えて行きたいものです。

 

しめ飾りも略式で「輪飾り」があり、門に掛けたり、台所やトイレなどの火や水を使う場所、勝手口などに飾ります。

今は、注文される家庭があります。

 

現代風洋風門松などでも、

縁起の良い松・竹・梅・葉牡丹・苔僕・南天を使い大振りで華やかに作ります。

 

お正月飾り・しめ飾り

日本人として簡略化しても飾り付けをした方が良いでしょう。

 

 

 

-「祭」のしきたり, お役立ち情報, 雑記
-, ,

Copyright© 旅と幸せを引き寄せるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.