国内旅行

山口観光・萩・津和野・岩国

更新日:

こんにちは、リリーです。

数あるサイトの中から当サイトにご訪問頂きありがとうございます。

仕事の関係での研修旅行ですが、

ここでは、世界遺産となりました松下村塾という私塾の始まりを

色々聞きながら見学をしてきた事を書いてます。

興味を持って頂けたら嬉しいです。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」舞台となりました山口県

2年前の秋の10月にNHK大河ドラマ「花燃ゆ」舞台となりました、

山口県の萩へ研修旅行で行って参りました。

萩・石見空港へ到着して、

2泊3日で山口県をバス観光をしながら帰りは岩国錦帯橋空港から羽田空港まで飛行機で帰って来ました。

萩・石見空港からバスで津和野まで観光しました。

太鼓谷稲荷神社、津和野城址、殿町掘割、津和野本町通、森尾鴎外記念館、途中SLやまぐち号を観られ、

お天気も良くて、良かったです。

萩まで行って老舗となります萩本陣に宿泊しました。

 

翌日、萩市にあります、平成27年7月(世界遺産登録)

吉田松陰の意志を継ぐ維新志士たちを数多く搬出した塾、

松下村塾

幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。

見学を致しました。

天保13年(1842年)に松陰の叔父である玉木文之進が自宅で私塾を開いたのがはじまりで、

後にが松陰の外叔父にあたる久保五郎左衛門が継承し、子弟の教育にあたりました。

そして、安政4年(1857)、28歳の松陰がこれを継ぎ、主宰することになりました。

松陰は身分や階級のとらわれず塾生として受け入れ、

わずか1年余りの間でしたが、

久坂玄端、高杉晋作、伊藤博文、山形有明、山田顕義、品川弥次郎など、

明治維新の原動力となり、明治心政府に活躍した多くの逸材を育てました。

当時、この地域を松本村と呼ばれていたことから、

「松下村塾」という名前が付けられました。

松下村塾

提供:ウイキペディア 「花燃ゆ」の舞台でもありましたので、興味深く見学をして参りました。

その後に、瑠璃光寺五重塔を見学を、

まだ紅葉には早かったけれども、お天気は良くて良かったです。

 

そのあと、お昼は、秋芳ロイヤルホテルで食事、山口名物の「瓦そば」も頂きました。

 

秋芳洞・秋吉台観光をして、大谷山荘へ向かいました。

 

大谷山荘

ここは、日露首脳会談時にプーチン大統領が宿泊された老舗温泉宿で、

過去に天皇皇后両陛下がお泊りになられた宿だということで、驚いてしまいました。

食事も美味しく庭園も綺麗で、近くに川が流れていて、その音が癒されました。

有名な獺祭(安部首相が2014年にオバマ大統領にプレゼントしたお酒)を頂きましたが、

美味しかったです。

 

角島大橋(つのしま)

渡れませんでしたが、近くまで行きました。

(2000年に開通)残念ながら、渡れませんでしたが、綺麗ですね。

よく、自動車のCMに使われていたそうです。

また、金子みすゞさんの故郷なのですね。

もう最後の日で岩国までバスで観光しながら行きました。

 

 

錦帯橋

日本三大名橋「錦帯橋」(長崎の眼鏡橋、東京日本橋)を渡って、

ロープウェイを使い岩国城まで行き景色を眺めて参りました。

ランチは、錦帯橋温泉ホテル「かんこう」で致しました。

食事の量も沢山いただき大満足でした。

そして、岩国錦帯橋空港までバスで行き、羽田まで飛行機に乗って帰って参りました。

 

 

まとめ

ホテルも老舗といい、食事が豪華でしたので、ちょっとリッチな研修旅行に行って来られました。

また、世界遺産になった松下村塾にも行けて、学びになった旅になりました。

山口県出身の総理大臣は9人いらっしゃるのですね。

素晴らしいです。

  1. 伊藤博文
  2. 山縣有朋
  3. 桂太郎
  4. 寺内正毅
  5. 田中義一
  6. 岸信介
  7. 佐藤榮作
  8. 菅直人
  9. 安倍晋三など。

山口県全体ををバスで観光でき、今回は一人ではなく、

仕事でお世話になっている人たちと一緒でしたが、

夜は、カラオケなども出来、お酒も少しいただけ、楽しく過ごせて参りました。

一人でない旅行も、久しぶりに行き、毎年行く事になったので、次回も楽しみになりました。

今回は、夫に連れて行ってもらいました。甘えられることは甘えてしまいましょう。

こんなこともいいですね。

 

頑張らないで引き寄せてしまいましょう!

 

最後までお付き合いして頂き有難うございます。

 

山口県

☝ : HP

-国内旅行
-

Copyright© 旅と幸せを引き寄せるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.